2015年07月11日

登山報告書 浜名湖 引佐山地 尉ヶ峰

登山報告書 浜名湖 引佐山地 尉ヶ峰


■山域・山名  浜名湖 引佐山地尉ヶ峰

■目的  夏山登山を前に、アップダウンの多い道に慣れる

■期間  2015年6月21日(日)

■参加者 7名

■コースタイム

伊良湖 7:25 − 和地 7:55 − 赤羽根 8:10 − めっくんハウス 8:30 − 国民宿舎奥浜名湖 10:10 − 登山口 10:30 − 二三月峠 10:55 − 林野庁看板前 11:10  − 親子岩 11:20 − 尉ヶ峰山頂 12:55 − 夕陽台 14:50 − 林野庁看板前 15:00 − 登山口 15:40 − 国民宿舎 16:15 − なごみの郷 17:50


■ルート概念図

20150621_尉ヶ峰登山ルート概念図.jpg


■記録

昼頃から天候が回復する見込みで出発したが、国民宿舎で待機中も雨は止まず、10:30過ぎ、雨天の中、登山決行。雨とCLの指導の中、前半はコースタイムより遅れめの登山となる。予定より40分遅れで山頂に着いた頃には、カバーをかけたザックの中も湿っていた。後半ややペースを早める中、雨も小降りになり、国民宿舎でぬれた衣服を脱ぎ、もやの向こうに奥浜名湖の景観を眺めながら入浴した時は、それなりの充実感があった。


■反省点・問題点

人員のピックアップに手間どり、Fさん、Hさんを10分ほど待たせてしまった。
天候が怪しい中、決行か中止かの判断が正しかったかどうか。
終始雨の中の山歩きで、メンバー各自がその意義を把握できていたかどうか。


posted by らくえ〜ん at 11:33| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

2015年5月の山歩き <薬草の宝庫 伊吹山>

薬草の宝庫 伊吹山 1377m


伊吹山は、岐阜県側ではイブキサン、滋賀県側ではイブキヤマと呼ばれ、人々に親しまれている。豊かな高山植物と薬草の歴史のある山である。
イブキアザミ・イブキコゴメクサ・イブキジャコウソウとイブキと名のつく花が多いのは、この山の花の豊かさを物語っている。

■ 日 時 2015年5月10日(日曜日)
■ 歩 行 5時間くらい
■ 交 通 自家用車 または JR・タクシー
■ 参加費 5000円〜8000円くらい
■ 締 切 2015年5月3日(日曜日)

■ 持ち物 昼食・ポカリまたはお茶・ヘッドランプ・地図・常備薬・日焼け止めクリーム・
      雨具・ザックカバー・行動食・日帰り必携用品

■ 服 装 登山ができる服装・登山靴・手袋・帽子・ポリエステルなど
      化学繊維の服を着用する

■ 中 止 前日21時の天気予想で、
当日12時〜18時の降水確率が60%以上の場合は中止です。

      当日雨の場合、申込先まで問合せください。


posted by らくえ〜ん at 15:27| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き★さあ、行こう!【会員用】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

表浜シーサイト&スカイハイキング2014

表浜シーサイド&スカイハイキング2014


地域ゆいプロジェクト主催のハイキングのご紹介です。
(協賛:渥美半島ハイキングクラブ)

日にち:平成26年11月23日(日・祝)
時 間:9:00〜14:30
講師は渥美自然の会の八木将勝さん。八木さんと一緒に植物を楽しみます。

ハイキングコース
★海の道(1km)
 和地海岸:海と陸をつあぐ砂浜を歩こう!
★山の道(3km)
 大山:半島一の高峰
 海からの位置を決める「やまあて」の地 
 また、信仰の山でもあった歴史深い大山を楽しもう!
★里の道(2km)
 鮎川源流:レンガ造りの情緒ある新鮎川橋から太平洋を見よう!

お申し込み・詳細は こちら↓↓↓をご覧ください。
『表浜シーサイド&スカイハイキング2014』
スカイハイキング.jpg

 ■ PDFファイル
スカイハイキング.pdf


posted by らくえ〜ん at 01:05| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

地域の未来・志援センターのNPO訪問記

地域の未来・志援センターのブログ、
  『会いに行ってきました!
あいち・ぎふ・みえ NPO訪問記

に紹介されました。

渥美半島ハイキングクラブの発足エピソード、法人格取得、現在の活動等も紹介されています。
ぜひ、ご覧くださいハートたち(複数ハート)

 ■ 掲載ブログ・・・NPO訪問記 渥美半島ハイキングクラブ

================================ <配信メールより>
〇渥美半島ハイキングクラブ
  〜山歩きとまちづくりの両立を目指して〜

2002年設立のNPO法人渥美半島ハイキングクラブさん。
ハイキング大会、ハイキングコースの整備、清掃登山、フリークライミング
体験イベント開催、山歩き入門講座などを通して、渥美半島のまちづくり
推進のため、市民活動を盛り上げています!

★詳しくはこちらから(http://blog.canpan.info/npo-interview/archive/21?1399610455)

================================

*地域の未来・志援センターのNPO訪問って?
「地域の未来・志援センターでは、持続可能な社会を目指して地域づくりを行うNPOや企業、行政機関などを訪問し、みなさんの思いや目標、自ら考える課題などを伺っています。
改めてみなさんのお話を伺うことで、新たなつながりや活動の道筋、方向性などを見出し、ともに持続可能な地域づくりを進めていきたいと考えています。」(地域の未来・志援センターのブログより)





posted by らくえ〜ん at 01:53| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

8月の山歩き

渥美半島ハイキングクラブ 8月の山歩き

長野県 白馬(しろうま)岳 (2,932m)


白馬岳の名は春、田んぼの代掻きの時期に山肌に現れる雪形が代掻き馬の形をしていることから代掻き馬が「代馬(しろうま)」になり、それが「白馬(しろうま)」に変わってその名がついたと言われています。白馬岳はその豊富な高山植物から花の名山としても有名で、夏の登山道には数多くの可憐な花々が咲いています。高山植物の花は7月中旬から8月中旬が最盛期となり、広大な斜面一面に花が咲き乱れるお花畑の景色は訪れた人を魅了してやみません。真夏でも広大な雪景色が広がる白馬大雪渓ルートは白馬岳登山ルートの中では特に人気がたかく、夏山シーズンに大雪渓に続く登山客の列は夏の風物詩の一つとなっています。


◆日時  2014年8月23日(土)〜24日(日)

◆参加費 20,000円くらい

◆歩行  1日目:3時間30分  2日目 6時間位

◆交通  自家用車

◆宿泊  白馬大池山荘 0261-72-2002

◆締切  8月10日(日)

◆持ち物
 昼食・ポカリスエットまたはお茶 ・ヘッドランプ・地図・日焼け止めクリーム・雨具・ザックカバー・小屋宿泊必携用品・お風呂セット

◆服装  必ず薄着のこと、ポリエステル製登山用の服装など。

◆中止
 前日21時の天気予報で、当日23日(土)12時〜18時の降水確率が60%以上の場合は中止です。
 当日雨の場合、申込先まで問合せてください。
posted by らくえ〜ん at 03:18| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。