2021年02月07日

登山報告書 湖西連峰 神石山

湖西連峰 神石山 324m

紅葉の弓張山地をゆっくり歩く


■ 期 間  2020年12月5日(

■ 参加者  2名

■ コースタイム
 8:10 和地町 − 8:30 野田町 − 9:40 トキワ登山口 − 10:40 嵩山(スセ)
 ー 11:35 仏岩 − 12:35〜13:15 神石山 昼食 − 14:45 大岩 −
 15:50 トキワ登山口 − 17:30 吉胡 田原ゆの里 ー 18:00 ゆの里 夕食 −
 19:30 野田町 − 19:50 和地町

■ ルート概念図

ルート概念図 神石山.jpg

 
■ 記 録
 駐車場は、どこかの会社のみかん狩りのため満車状態だったが、
 何とか駐車することができた。
 上天気で暖かくて、春にはトキワマンサクがきれいだろうと
 想像して登り始める。
 湖西のトキワマンサクは日本最大の群生地とのこと。
 嵩山、仏岩、神石山、どこも雪の富士山が見えた。
 帰りに豊橋の普門寺さんのもみじ狩りに寄って、こちらもよかった。
 
■ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 帰りの、田原のゆの里に寄って、ゆっくり夕食を食べて帰れたのは
 とてもいいと思った。
 密にならずに入浴でき、知人との会話も楽しかった。



 
posted by らくえ〜ん at 21:26| 愛知 ☀| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

登山報告書 静岡島田 千葉山

2020年11月8日(日)

 静岡島田 千葉山 (496m)

  天然記念物の大杉が10本ある山を歩く、予定が・・・


■ 期 間  2020年11月8日(日)

■ 参加者  4名

■ コースタイム
 7:50 高松 − 8:00 六連 − 10:00 伊太和里の湯 駐車所 ー 10:30 出発 −
 11:10 相賀 分岐 − 11:30〜11:40 ドウダン原 休憩 −
 12:15〜12:30 ドウダン ペンション − 12:50〜13:50 智満寺 −
 13:50〜14:30 ドウダン ペンション − 15:00 ドウダン原 −
 15:45 伊太和里の湯 駐車所 −16:45 入湯 −
 18:35〜19:10 豊橋 食事 − 19:30 六連 − 19:40 高松

■ ルート概念図

 千葉山ルート概念図.jpg
 


■ 記 録
 10時に駐車所に着くも、50〜60台の車で満車状態だった。
 暖かな日の山登りになった。
 ゆっくり登りはじめると地元のおばちゃん二組と一緒になり、
 行き先の話になると、目的の山道はトラサクで封鎖、通ることができない!と教えてくれ、
 千葉山へは智満寺参道を通り、千葉山へ行くことにした。
 智満寺で食事、休憩を1時間取り、14時になり千葉山は次回ということで下山した。
 
 
■ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 ドウダンツツジの紅葉の記事が、前日ぐらいから地元新聞に紹介されたようで、子供連れやお年寄り、犬連れ(計20頭くらい)の大賑わいだった。
 ドウダンペンション駐車場から運動靴、革靴の人まで見受けられた。
 通行止めの山道があることを知らずに行ったのは、少し問題であった。
 また千葉山大杉も見ることができず、残念。


posted by らくえ〜ん at 16:42| 愛知 ☀| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

登山報告書 美濃 蕪山

2020年10月4日(日) 奥美濃の初秋

 美濃 蕪山(かぶらやま)1068m

奥美濃で初秋を見つけに行こう。


■ 期 間  2020年10月4日(日)

■ 参加者  3名

■ コースタイム
 6:30 和地 − 6:50 高松 − 10:40 21世紀の森P−10:55 登山口 − 11:15 なめ滝 − 12:25〜12:45 昼食 − 13:05〜13:20 963m休 − 14:05〜14:25 蕪山 − 15:05 963m − 16:15 なめ滝 − 16:55 21世紀の森P − 17:05 モネ池 − 20:30 高松 − 21:00 和地

■ ルート概念図

 蕪山ルート概念図


■ 記 録
 登山口から大きな株杉。
 登り出すとあちらこちらに株杉。
 その姿は圧巻でした。
 なめ滝のところで休憩。なめらかな滝は、見るのも心持の良い休みになりました。
 昼食は登山道途中の平坦な場所で取りました。
 山頂まで林の中を通り、ササ路を抜けると山頂、曇りの日、あまり見晴らしは良くなく、暑くもなく、下山することができました。
 帰り道、大人気の「モネの池」に寄ることができて最高でした。
 
■ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 駐車場の「21世紀の森」場所をよく判っていなくて少し焦った。
 昼食を蕪山山頂で食べたかった。
 大きな株杉は昔の人達がここの杉を大切に扱い育ててきたことを感じた。
 帰る途中のモネの池は水の透き通るきれいさ、睡蓮と鯉の優雅さは、まさに「モネのスイレン」でした。



posted by らくえ〜ん at 22:04| 愛知 ☀| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

下山後記 滋賀・伊吹山

下山後記

滋賀・伊吹山

 令和2年9月26日    

渥美半島ハイキングクラブ N.S

@ 伊吹山初秋の山雨の山三合なくて零(ゼロ)からの山

     * 三合まで行ってくれるタクシーは悪天候で乗れず。
       やむなく零(ゼロ)からのスタート。

A 伊吹山小(ち)さなアケビはたわわなり中腹にての甘き一服

     * 二合目あたり折り返しの茂みにアケビの木があった。
       下山してくる人にも食べてもらった。甘さひかえめ。

B 伊吹山紫鮮やかトリカブト毒はありても心の癒し

     * 山頂近くでトリカブトを見つけた。
       信じられないほど美しかった。

C 伊吹山雲の幕下(まくした)琵琶湖見ゆ輝く湖(うみ)は上弦の月

     * 下りの前半、ふと西の方角を見ると湖があった。
       湖面の輝きは上弦の月のようで感動した。

D 伊吹山雲下(うんか)の琵琶湖光をり広がる田畑サファイアの如(ごと)

     * 下りの前半、琵琶湖の脇に広がる田畑を見て、
       まるでサファイアのようだった。
       それから人々の営みを感じた。

E 伊吹山悪路の下り緊張感気づけば鹿が吾(あ)を見守りて

     * 下り前半、石やぬかるみの道を必死に下っていた。
       その時、沢山の鹿が周りにいてこちらを見ていた。

F 伊吹山登りぬかるみ石ゴロゴロ下りは雨でも百名山なり

     * 悪路あり、雨ありでも、花、景色、鹿などで心を癒された。
       長い道のりだったが、それでも百名山である。登ってよかった。

以 上 



posted by らくえ〜ん at 22:26| 愛知 ☁| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登山報告書 滋賀県 伊吹山

2020年9月26日(土) 頑張りました!

滋賀県 伊吹山 1377m

初秋に 花の百名山を めぐり歩く


■ 期 間  2020年9月26日(土)

■ 参加者  3名

■ コースタイム
 6:45 和地 − 7:00 高松市民館 − 7:16 六連 − 8:00 音羽IC − 9:40 関ケ原 − 10:00 登山口 − 12:30 3合目 登山口 − 13:25 5合目 − 13:50 ひなん小屋 − 15:20 伊吹山 山頂 ー 15:40 伊吹山 下山 − 16:15 8合目 − 19:30 駐車場 − 20:00 関ケ原IC ー 21:10 美合IC − 音羽IC − 22:45 田原 六連 − 23:00 高松市民館 − 23:15 和地

■ ルート概念図

 ルート概念図 伊吹山.jpg


■ 記 録
 タクシーに電話をかけたが、カギがないとかで2社共だめで、結局、1合目からカッパを着て登り始めた。
 かなりきつくて、行けるか心配しながら何とか3合目に着いたので、休憩して出発。
 小雨がやんだので、カッパを脱いで軽くなった。
 登山者がたくさん下りて来たが、男女とも若い人ばかりだった。
 ガレキばかりで、すべりそうで、足元はドロドロになった。
 一時明るくなって、琵琶湖など見え、下山中にはシカの大群(100頭以上)に遭遇してラッキーだった。
 
■ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 タクシー会社(2社とも)来ない。
 下山中にも電話したが来てくれなくて、ヘッドライトをつけて慎重に下りた。
 途中、トイレの入り口には、「電話してくれれば迎えに行く」と書いてあったのに、嘘ばかりで腹が立ってしかたなかった。
 ヘッドライトを初めて使ったが、いい経験になった。

posted by らくえ〜ん at 22:02| 愛知 ☁| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

登山報告書 奥三河 茶臼山.萩太郎山 その2

2020年8月23日 再度行ってきました〜

奥三河 茶臼山・萩太郎山 その2

(茶臼山 1415m 萩太郎山 1358m)

県内最高峰の山に行き 夏の高原を楽しむ


★ 期 間  2020年8月23日

★ 参加者  3名

★ コースタイム
 高松 7:30 − 六連 7:50 − 茶臼山第4駐車場 10:05 −出発 10:20 −萩太郎山頂 10:50 − 山頂出発 11:10− 第4駐車場 10:30 − 昼食 11:30〜12:00 − 出発 12:00 − 自由の広場 12:30 − 三叉路 12:45 − 茶臼山山頂 12:55 − 山頂出発 13:00 − 三叉路 13:15 − 自由の広場 13:25 − 第4駐車場 13:40 − 田原 16:30

★ ルート概念図

 ルート概念図 茶臼山・萩太郎山2.jpg


★ 記 録

 駐車場に着いたら24℃で気持ち良い気温でした。
 スキー場の草原には、早くもススキが歩を出していました。
 芝桜は終わり、インパティンスのいろとりどりな花が、リフト道の下に咲きほこり、リフトを時々とめて、お客さんに見てもらっているようでした。
 萩太郎からの眺めは最高でした。
 また、茶臼山の方は、山登りコースで対照的な山道で、両方楽しめる良いコースでした。
 
★ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)

 茶臼山山頂から大粒の雨になり、下山道が川のようになり、三人足を取られないよう、すべらないよう、慎重に下山しました。
 遠くでは雷も聞こえてきたので、怖かった。
 山頂で雨具を着替える場所もなく、困った。
 雨具は上下にわかれたセパレートタイプが良い。




posted by らくえ〜ん at 22:25| 愛知 ☀| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

登山報告書 奥三河 茶臼山.萩太郎山

2020年8月10日 行ってきました〜

奥三河 茶臼山・萩太郎山

県内最高峰の山に行き 夏の高原を楽しむ


★ 期 間  2020年8月10日(月)

★ 参加者  3名

★ コースタイム
 和地 7:30 − 田原 8:00 − 高松 8:20 − 駐車場 11:30 −萩太郎山頂 12:05 − 昼食 12:30− 駐車場 12:55− 休憩 13:05 − 見晴らし台 13:25 − 茶臼山山頂 14:00 − 休憩 14:15 − 見晴らし台 14:50 − 休憩 15:00 − 駐車場 15:30 − 田原 18:50 − 和地 19:30

★ ルート概念図

 ルート概念図 茶臼山・萩太郎山1.jpg
 

★ 記 録

 晴天で風は涼しいが、日差しがきつかった。
 駐車場を南に向かい、橋の上を通り、コンクリートの道ではなく、芝生の広がった傾斜地を小休止を挟み萩太郎山に到着。
 日陰では涼しく、又風も涼しかったので気持ちよかった。
 駐車場に戻り、広い自由の広場の上の方に見晴らし台があり、ここでも涼しい風が吹いて、とても心地よかった。
 萩太郎山の遠くの山々をよく見ることができた。
 見晴らし台を過ぎると、木々の生い茂る道を行った。
 幾つか細かい分岐があり、そして整備で階段状に木が置かれている道を行くと、茶臼山山頂に着いた。
 特に南方面に絶景が広がっていた。
 
★ 反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)

 半袖で行ったが、日焼け止めクリームを忘れ、更に帽子も忘れた為、後日日焼けがひどかった。
 日焼け止めクリーム、帽子、できれば長袖の化繊は必需品である。
 茶臼山の木々に入ってからの、階段状の木がとても歩きにくかった。
 木のない脇など活用して、自身の歩幅に合わせることが必要だと感じた。


posted by らくえ〜ん at 20:21| 愛知 ☁| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

登山アルバム 静岡 平治の段

2020年4月19日(日)行ってきました!! 山歩き♪

静岡県 平治の段 937m

★ 日曜日 AM9:30、SAは閑散としていました
SA

★ 杉林のトラバースに荒れた所あり
杉林

★ 平治の段、山頂です
平治の段 山頂

★ ヒュッテ樽の室内
ヒュッテ樽

★ こちらもヒュッテ樽
ヒュッテ樽 2

★ 下山しました
平治の段 下山


posted by らくえ〜ん at 19:41| 愛知 ☁| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

登山報告書 豊川市音羽 宮路山〜五井山

2020年6月 行ってきました。

宮路山〜五井山★

新緑の宮路山と五井山からの三河湾の眺望


★期 間  2020年5月24日(日)

★参加者  4名

★コースタイム
 和地 8:00 − 赤羽根東 8:15 − 高松 8:20 − 宮路山第一P 9:30 −登山口出発 9:40 − 分岐東屋 9:50 − 宮路山 10:10 − 五井山昼食 12:05〜12:45 − 宮路山 14:35 − 宮路山第一P 15:00 − 赤羽根 16:10

★ルート概念図
 ルート概念図 宮路山・五井山.jpg
 
★記 録
 第一駐車場はとげを登り切ったところにあり、トイレもあり、十数台が駐車でき、また第二駐車場も十台ぐらい駐車できる。
 登り口は登山口と書かれた大きな立て標識があり、階段を登ることから始まります。
 登山道はいくつもあり、自分に合った参道を選ぶことができる山で、かなりの登山者が集まる人気の山です。
 こんな近い場所に、こんな良い場所があるのには感動しました。
 しばしばコースを変えて来たいものです。
 
★反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 まだ新型コロナに気をつけ、車の窓を開けて走りました。
 マスクも使い、熱もお互いに確認しながら注意して行動しました。
 人気の山なのでいくつかの駐車場があるのですが、駐車場についた9時30分には満車で、どこに駐車しようかと迷いました。
 人気の場所には少し早めの出発でも良いかと思う。

posted by らくえ〜ん at 06:49| 愛知 ☔| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

登山報告書 渥美・大山鮎川源流コース

2020年5月 行ってきました!田原市内大山。

渥美・大山鮎川源流コース

大山からの眺めと新緑の渓谷を楽しむ


★期 間  2020年5月9日(土)

★参加者  3名

★コースタイム
 大山トンネル 北口P出発 9:45 − 鬼墜分岐 10:15 − 鮎川分岐 10:30 − 大山山頂・昼食・ミーティング 11:00〜12:30 −
 鮎川分岐 12:50 −大山トンネル 南口P 13:35 − 大山トンネル 北口P 14:00 

★ルート概念図
 ルート概念図 大山鮎川源流
 
★記 録
 北口からの登山は初めてなので、大変良かった。山登りらしい山道だった。
 コロナ渦中ではあったが、数台の車が駐車してあり、人気の大山だと思った。
 何人かの登山者に出会うことができ、初めて大山に登ってきた親子4人にも話をすることができた。
 又、鮎川源流はさすが雰囲気の良い山道と再確認した。
 トンネル内や初めて歩いたが、白の照明で歩きよかった。
 
★反省点・問題点(準備段階、装備の過不足、山行中のトラブルなど)
 登山道は枯れ枝が落ちていたり、枝が張り出ていたり、シダが茂ったりのところがあるので、少しずつ通りやすい登山道にしたい。
 途中で出会った親子4人は初めての山登りらしく、ザックも水も持たず、大山山頂付近でへたりぎみに休憩をしていた。
 すぐ下山できる山ではあるが、少し心配になった。


posted by らくえ〜ん at 21:34| 愛知 ☁| Comment(0) | 山歩き★行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする